相続相談で困った時

相続手続きとは、亡くなった人の財産を特定された相続人に移すための手続き全般を指します。相続人は民法上定められ、亡くなった人の財産を受け取ることができる、という権利が発生し、その財産を受け取る為に必要な法的手続きが相続手続きと呼ばれます。例えば、亡くなった人が銀行に預けていた預金を引き出すためにも手続きが必要です。この手続きを行わないうちはその口座は凍結状態となり、預金を引き出すことはできません。また、こういった金銭に直接絡むもの以外にも、不動産を相続する場合などにもそれぞれ細かく方で決められた手続きを踏む必要があります。

この手続きはまず、亡くなった陽から七日以内に死亡届を提出することから始まります。死亡届を提出した後、遺言書を検認し、その後年金に関する手続きや財産目録の作成、生命保険金の受け取りなどを行います。そしてこの後、この相続を放棄する場合はこのタイミングで放棄の手続きが発生します。もし、ここで放棄せずに相続する場合、その相続人が複数いる場合は遺産分割の協議を重ねます。この協議がまとまれば、その結果に従って相続の登記、申告を行います。全体の流れとしてはこのような段階を踏みますが、最終的に相続した財産のぶんの相続税の申告までを10か月以内で行わなければなりません。

これらは一般的に法律によって手続きが決められているため、専門の知識を必要とするものが多く、ほとんどの人がその相続相談に専門機関を訪れ手続きを行っています。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket