問題になりやすいこと

相続手続きの際、起こりやすい問題がいくつかあります。例えば、分割協議を目前に、複数の相続人の間で既に相続の内容に納得がいっていない、話し合いが長引きそう、というケースです。被相続人が生前こう言っていた、と相続人の間で被相続人の意志について主張するケースも多く、また真意を確かめることも難しいため、こういった場合は第三者として専門の機関を間に挟む方がスムーズに手続きを進めることができます。

また、被相続人が相続人として対象となるうちの誰かと一緒に同居していた場合にも問題に発展することが多くあります。それは、こういう財産があるはず、という問題です。同居しているとなると、何らかの形で財産の管理に携わることもありますが、そのため管理状況がわからない財産があると、まず分割協議の前に分割対象となるものを確認するという段階が発生します。この場合、当事者間の話し合いだけでまとまることは少なく、多くの場合が間に第三者となる専門機関を挟んで話し合いを進め、決めていくことになります。

そして、遺産の管理費用や葬儀費用の精算といった金銭的な問題も少なくありません。これも、当事者だけでの解決は難しく、例えば遺産である不動産に賃借人がいた場合は、など影響の及ぼす範囲が広くなればなるほど素人では解決が難しくなります。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket