相談できる機関

相続上の問題が発生した時、第三者として頼れる専門機関はさまざまです。例えば、弁護士、税理士、行政書士、司法書士、銀行、窓口などです。これらはそれぞれ機関によって解決できる問題が違うため、予め自分の抱える問題にあった機関を選ぶことが大切です。

例えば、弁護士が扱う問題は調停など裁判所での手続きに関わる問題です。裁判所での手続きで立てられる正式な代理人は弁護士にしかできないことです。しかし、弁護士はあげられる代表的な中で一番高額に費用がかかるケースが多いため、事前に調べてから依頼を検討するのが良いです。司法書士が扱う問題は、不動産の名義変更、相続登記などに関する物です。相続が発生した場合の約半数が不動産を相続するケースにあたるため、多くの人が依頼しています。相続税などに関する問題がなく、相続人同士での争いごともない場合は司法書士にのみ依頼し不動産の名義変更のみ行うという人もいます。あまり知られてはいませんが、こうして定められた機関では専門的な分野でのみの依頼になりますが、一括して手続きを進めてくれる窓口を利用するという手もあります。この場合、事前に費用を確認した方が安心ですが、問題ごとに依頼先を変えることなく一括して対応してくれるためスムーズに進めることが可能です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket