相続税を解決する

税務のエキスパートである税理士に相続相談をすることもできます。例えば、相続税の物納が必要であったり、延納の手続きが必要となった場合、こういった税に関する手続きは税理士しか行うことができません。

税の中でも相続税は特殊性の高い案件となるため、全ての税理士が扱える問題ではなく、相続税に関して対応できる税理士はまだまだ少ないのが実情なため、事前に相続手続きの経験がある税理士を選ぶ必要がありますが、税務という一般的に対応するのが難しい問題をスムーズにできるだけ早い解決を目指すためにも、相続税に関する相談は税理士を選択すると良いです。

また、日ごろから万が一のことを考えて、相続税が発生する場合の節税について事前に相談をしているという人もいます。相続税節税の相談をしている場合は、相続税に関する対応が必要となった場合、事前に相談を持ちかけていた税理士にそのまま依頼をすることで、希望に一番近い形で迅速に対応してくれる場合が多く、おすすめです。被相続人が会社役員だった場合、相続財産が多岐に渡ることがありますが、そういった場合にも税理士に依頼することで解決可能です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相談できる機関

相続上の問題が発生した時、第三者として頼れる専門機関はさまざまです。例えば、弁護士、税理士、行政書士、司法書士、銀行、窓口などです。これらはそれぞれ機関によって解決できる問題が違うため、予め自分の抱える問題にあった機関を選ぶことが大切です。

例えば、弁護士が扱う問題は調停など裁判所での手続きに関わる問題です。裁判所での手続きで立てられる正式な代理人は弁護士にしかできないことです。しかし、弁護士はあげられる代表的な中で一番高額に費用がかかるケースが多いため、事前に調べてから依頼を検討するのが良いです。司法書士が扱う問題は、不動産の名義変更、相続登記などに関する物です。相続が発生した場合の約半数が不動産を相続するケースにあたるため、多くの人が依頼しています。相続税などに関する問題がなく、相続人同士での争いごともない場合は司法書士にのみ依頼し不動産の名義変更のみ行うという人もいます。あまり知られてはいませんが、こうして定められた機関では専門的な分野でのみの依頼になりますが、一括して手続きを進めてくれる窓口を利用するという手もあります。この場合、事前に費用を確認した方が安心ですが、問題ごとに依頼先を変えることなく一括して対応してくれるためスムーズに進めることが可能です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

問題になりやすいこと

相続手続きの際、起こりやすい問題がいくつかあります。例えば、分割協議を目前に、複数の相続人の間で既に相続の内容に納得がいっていない、話し合いが長引きそう、というケースです。被相続人が生前こう言っていた、と相続人の間で被相続人の意志について主張するケースも多く、また真意を確かめることも難しいため、こういった場合は第三者として専門の機関を間に挟む方がスムーズに手続きを進めることができます。

また、被相続人が相続人として対象となるうちの誰かと一緒に同居していた場合にも問題に発展することが多くあります。それは、こういう財産があるはず、という問題です。同居しているとなると、何らかの形で財産の管理に携わることもありますが、そのため管理状況がわからない財産があると、まず分割協議の前に分割対象となるものを確認するという段階が発生します。この場合、当事者間の話し合いだけでまとまることは少なく、多くの場合が間に第三者となる専門機関を挟んで話し合いを進め、決めていくことになります。

そして、遺産の管理費用や葬儀費用の精算といった金銭的な問題も少なくありません。これも、当事者だけでの解決は難しく、例えば遺産である不動産に賃借人がいた場合は、など影響の及ぼす範囲が広くなればなるほど素人では解決が難しくなります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相続相談で困った時

相続手続きとは、亡くなった人の財産を特定された相続人に移すための手続き全般を指します。相続人は民法上定められ、亡くなった人の財産を受け取ることができる、という権利が発生し、その財産を受け取る為に必要な法的手続きが相続手続きと呼ばれます。例えば、亡くなった人が銀行に預けていた預金を引き出すためにも手続きが必要です。この手続きを行わないうちはその口座は凍結状態となり、預金を引き出すことはできません。また、こういった金銭に直接絡むもの以外にも、不動産を相続する場合などにもそれぞれ細かく方で決められた手続きを踏む必要があります。

この手続きはまず、亡くなった陽から七日以内に死亡届を提出することから始まります。死亡届を提出した後、遺言書を検認し、その後年金に関する手続きや財産目録の作成、生命保険金の受け取りなどを行います。そしてこの後、この相続を放棄する場合はこのタイミングで放棄の手続きが発生します。もし、ここで放棄せずに相続する場合、その相続人が複数いる場合は遺産分割の協議を重ねます。この協議がまとまれば、その結果に従って相続の登記、申告を行います。全体の流れとしてはこのような段階を踏みますが、最終的に相続した財産のぶんの相続税の申告までを10か月以内で行わなければなりません。

これらは一般的に法律によって手続きが決められているため、専門の知識を必要とするものが多く、ほとんどの人がその相続相談に専門機関を訪れ手続きを行っています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket